blogブログ

タグ : 化粧品

美容

【高級品効果なし⁈】スキンケアで効果があるものは?

2020/07/02

今回はスキンケアに関する情報をご紹介します。

スキンケアと聞くと「高額の化粧品」という発想になる人も多いと思います。しかし、残念ながら高額な化粧品に限らず美容液や乳液などの化粧品は手で顔に付けただけではほとんど肌に浸透しないということがアメリカ皮膚科学会の研究によりわかっています。
ちなみに、某美容外科の先生やエステティシャンも同じようなことを言っていたので信憑性は高いと思います。

この研究では肌に有効なものは3点とされています。
 

1、日焼け止め
紫外線などによる光老化を防ぐための日焼け止めは成分が高いほど日焼けを防いでくれるので成分が強いものを購入しがちですが、成分が強い=肌に負担になります。外のお仕事の方など日焼けしやすい方以外はそこまで強い成分の日焼け止めでなくても十分だそうです。日焼け止めはこまめに塗り直しましょう。
 

2、保湿
保湿は肌の水分の蒸発を防ぐために油分を塗ることで保湿されます。「高額な化粧品は効果ある」と力説する方がいますが、高額な化粧品が効果あると思う理由は中に保湿成分が入っているためという説が有力です。お風呂上りの保湿だけでも高額な化粧品より効果が期待できるのではないでしょうか。
 

3、レチノール
唯一化粧品で効果が認められているのがこちらで、シワの改善やターンオーバーの促進作用が認められているビタミンAの別名です。ただ、刺激が強いので1週間に1回程度がオススメとのことです。
 

スキンケアのために高いお金をはたいて化粧品を買わなくても良さそうです。私もこれを知るまでは結構値が張る化粧品を使っていましたが、これを知ってからはワセリンとレチノールだけ使用しています。お値段も高くないのでオススメです。
 

エターナルの料金形態が新しくなり、さらにお値打ちになりました。
豊田市・岡崎市などの三河地方や名古屋市など、愛知県全域が出張対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。

弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に考察しているもので、その真偽を確定するものではありません。

美容

【リスク激高】CMをしている美容のアレ【しかも高額】

2020/03/25

今回は以前のブログの内容を改めて紹介します。

女性の方でエステを利用したことがある人は少なくないと思います。
最近では男性も利用する人が増え、男性専用のエステもあるほど皆さんの美容意識が高まっている昨今ですが、エステを利用するデメリットを知っている人は少ないと思います。

そこで今回は美容業界で働いた経験がある私が教える「エステのデメリット」をご紹介します。

エステにもいろいろあります。
フェイシャルエステや機械を使ったエステなどがありますが、共通していることはエステには医師免許を持った人(医師)がいないということです。以前のブログでもご紹介しましたが、エステの施術中に肌のトラブルがあった時、医師がいないので医療行為をすることができません。美容外科などの医療機関であればすぐに対応してもらえるトラブルでもエステの場合は医療行為をすることができないため、対応が遅れて跡が残るリスクが高まります。キレイになるために高いお金を支払ってエステに行ったはずが肌に痣が残ったりしては本末転倒です。

あと、エステで多いのが化粧品の販売です。大手のエステは化粧品にも携わっている可能性が高く、化粧品の値段も様々ですが化粧水や乳液などの購入を促されることがあるようです。問題は化粧品の効能効果で、アメリカ皮膚科学会の研究では、肌に効果があるとされているのは「保湿、日焼け止め、レチノイドなどのビタミンAかビタミンC系のクリーム」だけということです。

化粧品に関してはエステや美容外科の美容機器を使用することで化粧品が肌に浸透しやすくなるとのことですが、エステや美容外科の美容機器で肌に浸透した化粧品をお家に帰って手で化粧品を肌につけてもほぼ意味が無いそうです。

個人的な意見ですが「エステよりも美容外科の方がリスクは低いので、せっかく利用するなら美容外科」「高額な化粧品には要注意」ではないでしょうか。

参考にしてみてください。

エターナルは出張型結婚相談所です。
豊田市をはじめ名古屋市・岡崎市など愛知県全域が対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。