blogブログ

タグ : お金

その他

【正社員800名回答】冬のボーナス支給なしの割合○○%

2021/01/12

冬の時期の楽しみのひとつであるボーナス。正社員として働いた対価としていただけるボーナスに心躍らせた人も多いと思いますが、昨年は例年以上に冬のボーナスが無かったという方が多かったようです。
 

東京都港区が20代~60代の正社員800人が2020年冬のボーナスの有無を調査した結果によると、正社員の1/4以上の割合の210人がボーナスなしと回答したそうです(参照)。
 

ボーナスが無かった理由で最も多かったのが業績の悪化ということで、コロナ禍が影響しているのはほぼ間違いなさそうです。ただ、汗水垂らして働いているのであればボーナスは欲しいというのが本音だと思います。しかし、会社の業績が悪ければボーナスを払いたくても払えないという状態がほとんどのようです。

昔の正社員のイメージは豪華客船で悠々自適に航海できると思い描いていた時代でしたが、今の時代は豪華客船でも船底に穴が開き沈みかけている船が多数見受けられます。沈没する前にゴムボートに乗って避難できる人は良いのですが、正社員という理由だけで豪華客船にしがみついていると船と共に沈没してしまいます。つまり正社員だからといって安心できる時代は過去の産物ということです。

かつても私もそうでした。13年正社員として働いていた会社はずっと存続するものだと思っていました。しかし、次第にボーナスが支払われなくなり、給料日に給料が支払われなくなりました。私はこの時点でこの会社を辞めましたが、その後まもなくその会社は消えてなくなりました。その後、私は大した経験や資格がなかったので転職に苦労したことを覚えています。正社員だからといってスキルアップをせずにいると、会社が業績悪化して転職を余儀なくされた時に間違いなく苦労します。

話が長くなりましたが、婚活で相手が正社員か否かを気にする人がいますが、これからの時代は正社員というよりもその人の経験やスキルに注目した方が長い目で見ると安定するのではないでしょうか。

 

ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。

エターナル出張型結婚相談所です。
名古屋市・豊田市・岡崎市など、愛知県全域が出張対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。

その他

【年末ジャンボ】宝くじ高額当選者の末路

2020/11/23

明日11月24日から年末ジャンボ宝くじが発売開始になります。宝くじを買う人は誰もが高額当選を夢見て宝くじを購入する訳ですが、高額当選した人の末路を知っている人は少ないのではないでしょうか。高額当選の確率が低すぎるので知らないのも無理はありませんが、もし高額当選しても幸せにならないとしたら宝くじに対する考え方が変わると思います。そこで今回は高額当選者の末路をご紹介します。
 

結論から申し上げると宝くじの高額当選してしまうと逆に不幸になる可能性があるとされています。
 

億という不慣れな高額がいきなり自分の物になってしまうと、高額当選したことをいいことにほぼ間違いなく贅沢になってしまいます。贅沢することが悪いとは思いませんが、贅沢はたまにするから贅沢であり、人間は慣れる生き物ですから贅沢がデフォルトになってしまうと贅沢している状態が普通になってしまいます。

例えば、いつも食べていた100円のプリンが、高額当選して1,000円のプリンを買うようになり、やがて1,000円プリンががデフォルトになってしまいます。1,000円のプリンも美味しいとは思いますが、100円のプリンの10倍美味しいかといわれるとそんなことはありません。以前は100円のプリンでも幸せを感じていたはずが、高額当選してしまったがために1,000円のプリンでないと幸せを感じなくなってしまうのです。

1,000円のプリンでも問題ないくらいの収入があれば贅沢も問題ないと思いますが、収入がなければお金は減っていく一方です。一度上げた生活レベルを戻すのは難しく、贅沢な生活に慣れた結果、高額当選したお金も無くなってしまいます。

もし、宝くじで高額当選したとしても、お金に振り回されないことが重要と言えそうです。

 

ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。

エターナル出張型結婚相談所です。
名古屋市・豊田市・岡崎市など、愛知県全域が出張対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。

恋愛・婚活

【女性の本音】イケメンVSお金持ち 交際するならどっち?

2020/10/25

このブログは以前掲載したものを再編して掲載しています。

今回は婚活や恋愛において気になる相手の外見や収入に関する興味深い調査をご紹介します。

Webサイトマイナビウーマンが22歳~34歳の女性100人に行ったアンケート調査で「【女の本音】「イケメン」VS「お金持ち」付き合うならどっち?」を私の考察と共にご紹介します。

 

Q,「イケメン」VS「お金持ち」付き合うならどっち?
 

イケメン…20%
 

お金持ち…80%

 

なんと8割の人がお金持ちと付き合いたいという結果に。男性の立場からするとなんとも切ない結果です。

お金持ちと付き合いたいという理由は「お金があればいろんなところに連れていってもらえてる」といった「他力本願」的な理由が多いのに対し、イケメンと付き合いたい人の理由は「お金は自分も働けばどうにかできる」と真逆な意見が多い印象でした。

ここからは男性である私の個人的意見ですが、お金持ちと付き合いたいという人の気持ちは分かりますが、上記の理由のような他力本願的な人は「お金目当て」という風に解釈されても仕方がありません。男性の意見として「お金があれば誰でもいいのか」となってしまいます。逆にイケメンと付き合いたいという人の理由で「お金は自分で」という自立した考え方の理由は好感が持てます。イケメンが理由とはいえ「その人」に興味をもって付き合う訳ですからお金目当てとは大違いです。

婚活中の方は参考にしてみてください。

 

ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。

エターナル出張型結婚相談所です。
名古屋市・豊田市・岡崎市など、愛知県全域が出張対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。 

恋愛・婚活

【気になる相手の貯蓄】男性の結婚時貯蓄額

2020/08/20

結婚するにあたり、特に女性は相手の貯蓄額が気になる人が多いようです。結婚は何かとお金がかかるので無理もありませんが、露骨に貯蓄額を聞くのもなかなか聞きずらいものがあります。そこで今回は男女別結婚時の平均貯蓄額をご紹介します。

Webサイトセキララゼクシィに掲載されている調査で、20~40代の婚約中及び既婚女性176人に対して行ったアンケート調査になります。

 

Q.結婚する時に、夫となる男性の貯蓄額はいくらでしたか?
 

1位:100万円未満…31%
 

2位:200万円以上300万円未満…13%
 

3位:100万円以上200万円未満…12%
 

4位:300万円以上400万円未満…9%
 

5位:500万円以上600万円未満…5%

 

この調査では、結婚する男性の3人に1人が貯蓄額100万円未満という結果でした。

ここからは私の個人的な意見ですが、貯蓄額が多い人との結婚が正解とは言い切れないと思います。例えばひとり暮らしであれば家賃などの費用の分、実家暮らしの人よりは貯蓄に回しに杭などの理由から貯蓄が少なくなりがちです。それに比べて実家暮らしはお金はたまりやすいかもしれませんが、ひとり暮らしの人と比べると家事を親にやってもらう人が多いので家事ができる可能性がどうしても低くなりがちです。
私が聞いた、実家暮らしの男性と結婚した女性が話していた愚痴で「洗濯や料理は待っていれば小人が済ませてくれるとでも思っているのか!」と愚痴っていました。要するにこの男性は今までひとり暮らしの経験がないので家事はすべて親任せだったわけです。結婚は共同生活ですから、いい歳した男性が家事ができないのはいかがなものでしょうか。

貯蓄が多いに越したことはありませんが、だからといって他の要素で劣っているのでは婚活において厳しいと言わざる終えません。
相手の貯蓄ばかり気にするのではなく、家事ができるか否かなど他の要素も重要ではないでしょうか。

男性は男性で、ひとり暮らしなどでなかなか貯蓄できないのであれば、副業をするなどといった貯蓄する努力は必要だと思います。
 

エターナルの料金形態が新しくなり、さらにお値打ちになりました。
豊田市・岡崎市などの三河地方や名古屋市など、愛知県全域が出張対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。

弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認しておりますが、その真偽を確定するものではありません。

恋愛・婚活

【超激ヤバ】おごってもらって当然という態度

2020/06/08

デートの食事でお会計は男性が多めに払ったり、もしくは全て払ったりすることが多いと思いますが、この時の女性の態度で「おごってもらって当然」という人がいます。このような態度で男性が気分を害していることが決して少なくありません。そこで今回はこの「おごってもらって当然」がヤバいという情報をご紹介します。

結論から申し上げると、おごってもらって当然という考えは返報性が欠如しているので嫌われます。少し前のブログで紹介した「返報性の法則」を少し掘り下げてみたいと思います。

まず、返報性の法則とは

「他人から好意を受けるとそれと同等の好意を返そうとする感情を持つこと」を表す心理学用語とされています。

返報性の有名な実験で、コーネル大学のデニーズ・リガーン博士が81人の大学生を2つのグループに分けて、それぞれのグループに250円の宝くじを売ってみました。この宝くじを買うか買わないかは学生の自由でしたが、2つのグループを下記のように分けました。

・宝くじだけのグループ

・宝くじを売る前にコーラを1本無料であげたグループ

その後、宝くじの売れ具合を確認すると宝くじだけのグループは1人平均0.92枚だったのに対し、コーラをあげたグループは1.73枚だったということで、コーラをあげたグループの方がそうでないグループより倍近く売れたという実験です。

つまり、コーラを貰ったグループは「コーラを貰ったお返しをしなければ」という心理が働いてこのような結果になったと考察されていますが、これはデートの支払いにも通じるものがあります。例えば、デートの食事代を奢ってもらった側は「前回の食事代は出してもらったから次は私が出す」とか「食事代のお礼にコンビニのドリンク代は払う」というように等価交換でないにしても多少の返報性が働くものです。返報性は無料のコーラですら効果があるわけですから、食事代をおごってもらってお返しをしない人はかなりヤバいということがわかると思います。

返報性は人付き合いの基本中の基本です。
返報性がない人にはご注意ください。

エターナルは出張型結婚相談所です。
豊田市・岡崎市などの三河地方や名古屋市など、愛知県全域が対象です。
料金形態を新しくなり、さらにお値打ちになりました。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。

恋愛・婚活

【こんな女性は金目当て】男性が注意すべき女性の特徴

2020/06/03

女性は男性に比べると結婚する相手の条件で収入を重視しがちですが、男性からすると収入を重視されることで「収入重視=お金目当て」という印象を持つ男性は少なくありません。現に街コンで「参加する男性は高年収限定」といかにもお金目当ての女性をターゲットにしたものがあるくらいなので、お金目当ての女性は少なからずいるのは紛れもない事実です。男性からすれば、お金目当ての女性はこっちから願い下げと思っている男性も多いと思います。そこで今回は交際中の女性がお金目当てなのかを見抜く方法をご紹介します。

 
見抜く方法は非常に簡単で、お金目当てかもしれない女性に「会社を辞めることになった」「転職して給与が下がった」などといった収入が下がることをカマかけて相手の反応を見ます。
 

今回はカマをかける=嘘ですが、今は大企業でも早期退職を希望したり、安定職業の代名詞である公務員が働いている市役所の仕事はAI化できるという考察もされている時代ですから退職や転職は他人ごとではなく誰にでも起こりえるのです。実際に先日アパレル大手のレナウンが300人の希望退職を募ったニュースは記憶に新しいと思います。今は収入がある人でも、それは現時点の収入であり、5年後10年後はわからないのです。

もし女性がお金目当てではなかった場合「早く次の仕事が見つかるといいね」「私がしばらく働くから大丈夫」などと励ましたり協力し合って乗り越えるものですが、お金目当てだった場合は急に連絡がそっけなくなったり連絡が取れなくなったり、中には「金の切れ目は縁の切れ目」と言わんばかりに別れを告げられることもあると思います。

その後の男性の対応としては、交際中の女性がお金目当てではなかった場合は嘘であった事情を説明して謝罪し相手を今以上に大切にして共に幸せを歩んでいただき、女性がお金目当てだった場合はそのまま別れてもいいのではないでしょうか。

ただ、男性はお金目当ての女性をただ断るのだけではなく「実際に今の会社を辞めることなった時」に備え、資格取得などのスキルアップや副業などで転職時のリスクを軽減できるようにしておくことが重要だと思います。

男性の方は参考にしてみてください。

 

ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。

エターナル出張型結婚相談所です。
名古屋市・豊田市・岡崎市など、愛知県全域が出張対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。

人間関係

【即アウト】奢ってもらう時に絶対にしてはいけない行為6選

2020/03/15

 

婚活だけではなく、人付き合いにおいても食事をご馳走したりされたりすることがあると思いますが、奢ってもらった側のマナーが悪いとで次回以降の食事が無くなってしまいます。そこで今回は奢られた側のマナーに関する調査をご紹介します。

マイナビウーマンによるアンケート調査で22歳から39歳までの男性336人に女性が奢ってもらう時にしてはいけないマナーを集計し、多数の意見があった6つを紹介したものになります。

 

財布を出そうとしない
中には知らず知らずのうちにしている方もいるかもしれませんが、これは奢られることを前提にしている感じがして印象が良くありません。財布を出さなかったとしても「次は私が払う」という意思表示があればgive&takeなので印象がいいのですが、只々財布を出さないだけというのは支払う意思が無いとみなされても致し方ありません。

 

お礼を言わない
小学校の子供たちでも食事の後は「ごちそうさまでした」と言いますが、いい大人が奢ってもらったにも関わらずお礼を言わなくて印象が悪くなるのは、傘を差さず雨の中を歩けば濡れるくらい当たり前だと思います。

 

「奢ってもらって当然」という態度
これは子供が「食事は待っていれば親が作ってくれる」と思っているのと同じレベルです。当たり前ですが奢ってもらえることは当たり前でもなければ奢ってくれる人は保護者ではありません。

 

高額なものばかり頼む、ケチをつける
これは奢ってもらえることをいいことに高額なものせこさや奢ってもらっていることを忘れて食事にケチをつける非常識な行為がせっかくの食事を台無しにしています。奢った方もこれでは気分が良くありません。

 

最初から奢ってもらう気でいる
奢ってもらう約束をしているのであればわかりますが、そうでない場合にこのような態度を取るのは「たかっている」のと同じだと思います。

 

割り勘を強要する
これはレアケースだと思いますが、奢る気でいるところに割り勘を強要することで気分を害する人も中にはいるようです。この場合、奢ってもらう側はお互いの意志を尊重するために割り勘ではなく端数を払う感じがちょうどいいのかもしれません(例えば5800円の会計で800円払う)。

 

上記の行為はひとつだけでもかなり印象が悪いです。
食事を楽しいものにする為にも、上記の6選(特に上から5つ)は絶対にしないように気をつけてください。

エターナルは出張型結婚相談所です。
豊田市・岡崎市・名古屋市など愛知県全域が対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。

恋愛・婚活

【男性閲覧注意!】女性が思う結婚相手の理想の年収

2020/02/22

今回は女性が求める男性の理想の年収についての調査をご紹介します。

付き合っている時点では気にならなかった相手の収入でも、いざ結婚するとなると相手の収入は生活に直結しますので女性からすると相手の年収は気になるところです。

この調査は株式会社IBJが2017年に行った未婚女性556人のアンケート調査で、理想の男性像に関して質問をした中で年収についても調査がされました(参照) 。

未婚女性が理想とする相手の年収は下記の通りになりました。

 

第3位 900万円~1000万円・・・11%

 

 

第2位 700万円~899万円・・・34%

 

 

第1位 500万円~699万円・・・47%

 

このベスト3は男性からすると何とも切ない結果であります。

男性の方は素敵なお姫様を求めるのであれば、副業や転職をして収入をアップすることでその可能性が高くなります。

ただ、平成26年度に行われた国税庁「民間給与実態統計調査」による男性の平均年収の調査(参照)で男性では50歳~54歳の656万円が最も高い平均年収となっています。この平均年収はあくまでも50歳~54歳の平均年収であり、年齢が若ければ平均年収も当然下がります。

例えば女性が相手に求める条件で年齢が30代までで年収が500万円以上というのは、男性が相手に求める条件で「アイドルと結婚したい」と言っているくらい無理があります。

しかも、現在は大企業でも早期退職を希望したりする時代です。現在の年収が良くても5年後10年後はわからないのです。

そこで、相手の現在の収入にこだわるのではなく相手の「伸びしろ(資格、経験等)」に注目します。
現代の収入が振るわない方でも、伸びしろがあれば将来イレギュラーな事(リストラ、倒産など)があった時、リカバリーが効きやすいわけです。

参考にしてみてください。

エターナルは出張型結婚相談所です。
豊田市をはじめ名古屋市・岡崎市など愛知県全域が対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。

恋愛・婚活

【不倫よりヤバい】アレ重視の結婚は離婚危機

2020/02/07

恋愛中や婚活中の人で結婚する条件は人それぞれあると思います。
優しい人や気が合う人が条件だったりすると思いますが、結婚する際に重要視しがちな条件の中で離婚しやすい条件があることはあまり知られていません。

離婚した夫婦の離婚理由の上位はお金が原因ということがわかっています (参照)

結婚相手をお金で決めている人は相手の職業が大企業なほど好感触だと思いますが、今は大企業でも終身雇用は約束できない時代です。今は良くても会社を辞めることになったら収入どころの話ではないはずです。ちなみに、国税庁の統計によると10年以上存続できる企業は6%弱だそうです。現収入の多い人がこの6%に該当していれば問題ありませんが、そうでない場合は一生収入が多い保証はどこにもなありません。離婚理由の原因はこういった背景が関係していると思いますが、そういう理由から当相談所では収入を結婚相手の条件に重きを置くことはオススメしていません。なので、どちらかの収入に頼りっきりではリスクが高いので相手の収入に固執せず、お互いが支え合って生活していく術を身に付けておくことでリスク回避になります。

大昔は夫が働いて家庭を支えることが普通とされていましたが、それは過去の産物になりつつあるのかもしれません。
あと、高収入な人ほどすでに交際相手がいたり結婚している確率が高いことをお忘れなく。

当相談所は現在、豊田市・岡崎市をはじめとした西三河地方を中心に、名古屋市など愛知県全域を対象とした出張型結婚相談所です。愛知県内で真剣に結婚をお考えの方・婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。

恋愛・婚活

浮気や不倫よりヤバい! ”アレ”を買うと離婚危機

2020/01/29

今回は他の結婚相談所では教えてもらえない結婚時の費用と離婚率の因果関係に関する研究をご紹介します。

結婚といえば人生において数少ない晴れ舞台。
晴れ舞台である結婚を盛大に盛り上げたいという方は必見の研究結果となっております。

米国のエモリ―大学の研究で、約3000人の結婚経験者に挙式費用と結婚期間に関してのアンケート調査を行ったところ、結婚式に2万ドル(約200万円)以上かけた女性は、5,000~1万ドル(約50~100万円)程度に抑えた女性より3.5倍も離婚率が高かったことがわかっています。
さらに婚約指輪に関しても調査が行われており、婚約指輪に2,000~4,000ドル(約20~40万円)を費やした男性は、500~2,000ドル(約5~20万円)の指輪を選んだ男性に比べて1.3倍離婚しやすいことがわかっています(参照)

現在、日本の離婚率は3組に1組と言われています。離婚率が高い要因は結婚時の費用に問題があるのかもしれません【日本の結婚式の平均費用は357万円だそうです(参照)】

「婚約指輪は給料3ヶ月分」などといいますが、3ヶ月分の指輪を買うと給料3ヶ月分が無駄になる可能性が高くなり、結婚式にお金を掛けすぎても離婚率が上がることを踏まえると、指輪や挙式は程々にしてその分を旅行などの共有する体験に使った方が建設的かもしれません。

当相談所は出張型結婚相談所です。
豊田市をはじめ名古屋市・岡崎市など愛知県全域が対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。