blogブログ

恋愛・婚活

お見合い後お断りされるときに多い理由3選

2022/12/05

結婚相談所に入会した後にまず行うのはお見合いです。お見合いで上手くいく時もあれば上手くいかずにお断りされてしまうこともありますが、お見合いをお断りされた理由がわからないまま不成立になることがほとんどです。その理由がわかればもしかすると改善の余地があるかもしれません。そこで今回はお見合い後にお断りされる理由で多い理由を3つとその改善方法をご紹介します。

 

①会話が弾まなかった

お見合いでは相手のプロフィールを覚えて話をすることがマナーですが、それでもなかなか上手く話ができない人も少なくありません。もともと会話が上手くできない人もいるため、そういう方はどうしても会話が弾まない傾向にあります。そういった方でも、異性との会話の回数を重ねれば会話に困ることは少なくなるものです。

これを改善するには「慣れ」の部分が大きいですが、いろんな話に対応できるような知識を得ておくことも重要になります。そうすることで、いろんな会話の切り口から話を広げることができます。

 

②写真と印象が違った

実際にお見合いで対面して写真と印象が違ったという理由でお断りされることも少なくありません。

ちなみにこの理由でお断りするのは男性よりも女性の方が圧倒的に多い印象です。その理由として男性は女性よりも容姿に気を遣わない人が多いためと推測されます。

お見合い当日に髪がボサボサ、シャツはシワだらけ、ヒゲは剃り残しているようではお見合いが上手くいくものも上手くいきません。このような身だしなみの改善はお見合いの時だけでなく日頃から改善するように心がけておくと、結婚相談所以外の出会いが生まれるかもしれません。

 

③価値観が違う

お見合いをお断りする理由で非常に多いのがこの理由です。そもそもたった1時間程度のお見合い1回だけで相手との価値観の違いがわかるものかと思いますが、実は基本的にこの理由でお断りされた場合、他の理由でお断りしていることがほとんどです。

平たく言うとこの理由の大半は「自分のタイプではなかった」という理由なので、この理由に関してはご縁がなかったというだけなので気にしなくてもいいと思います。

 

 

まとめ

「①会話が弾まなかった」と「②写真と印象と違った」は改善可能な理由になります。

会話に関しては、会話に慣れることも重要ですが、自分の知っていることであれば話をすることは難しくないはずです。そのためには読書や動画などで知識を得ることが必要になります。

印象に関しては、服装は服屋さんに相談してみたり、保湿などのスキンケアを行ったりヒゲの脱毛などをすることが重要になります。

 

 
いつもブログをご閲覧いただきありがとうございます。
エターナルが所属する日本結婚相談所連盟(IBJ)は、運営母体は唯一の東証プライム上場企業で、成婚数&会員数が業界第一位の結婚相談所連盟です。出張対象は豊田市・岡崎市などの三河地方を中心に名古屋市など愛知県が対象です。愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。
※弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。

一覧に戻る