blogブログ

恋愛・婚活

婚活で「専業主婦希望」が不評な理由

2022/11/28

婚活中の女性でも「結婚後に仕事を続けたい」という条件で婚活をしている人が増えている中で「専業主婦を希望」という条件で婚活をしている人をたまに見かけますが、現在は共働きを求める男性も少なくありません。そんな兼ね合いから、結婚前提のお付き合いになると、専業主婦になるか否かを話し合うこともあると思います。結婚しようと思っている女性で専業主婦を希望している割合はどのくらいなのでしょうか。

そこで今回は厚生労働省が男性1594名、女性1539名を対象に行った「専業主婦に関するアンケート調査」をご紹介します。

 

このアンケート調査結果ですが、男性と女性で多少差はありますが、昔に比べると専業主婦になりたい(なってほしい)割合は約30%とかなり少なくなっています。ちなみに、1980年ころは約65%だったという調査結果があります。

昔は半数以上の割合だった専業主婦も今は30%と少数派なことを踏まえると、婚活で専業主婦を希望すると婚活で苦戦するのは避けられないのかもしれません。

婚活中の方は参考にしてみてください。

 

 
いつもブログをご閲覧いただきありがとうございます。
エターナルが所属する日本結婚相談所連盟(IBJ)は、運営母体は唯一の東証プライム上場企業で、成婚数&会員数が業界第一位の結婚相談所連盟です。出張対象は豊田市・岡崎市などの三河地方を中心に名古屋市など愛知県が対象です。愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。
※弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。

一覧に戻る