blogブログ

恋愛・婚活

印象が悪いプロフィール写真の例

2022/10/06

結婚相談所を利用するにあたり、自分のプロフィール写真はかなり重要です。ここをしくじってしまうと婚活が上手くいくものも上手くいかなくなるほど重要なプロフィール写真ですが、それを知らずに印象が良くないプロフィール写真を掲載している人がたまにいます。

せっかく結婚相談所のプロフィールに写真を掲載するのであれば印象が良くない写真の掲載は絶対に避けたいところです。そこで今回は印象が良くないプロフィール写真の例をご紹介します。

 

印象が良くないプロフィール写真とは

先に結論から申し上げると、下記のような顔が近すぎる写真はあまり印象が良くない傾向にあります。

※フリー素材の写真です。

これくらいアップの写真は証明写真感が強く、被写体が近すぎて結婚相談所のプロフィール写真としてはあまり印象がいいものではありません。

結婚相談所のプロフィールは全体写真が1枚と上半身の写真1枚の2枚を掲載するものですが、上半身の写真は下記の写真くらいが丁度いいので覚えておいてください。

※フリー素材の写真です。

結婚相談所に掲載されている写真はこのような写真が多い中で、最初に紹介した写真に違和感を感じる人が少なくありません。印象には残るかもしれませんが、それが良い印象ではないので、結婚相談所のプロフィールに掲載する写真はプロに任せた方がいいでしょう。

 

 
いつもブログをご閲覧いただきありがとうございます。
エターナルが所属する日本結婚相談所連盟(IBJ)は、運営母体は唯一の東証プライム上場企業で、成婚数&会員数が業界第一位の結婚相談所連盟です。出張対象は豊田市・岡崎市などの三河地方を中心に名古屋市など愛知県が対象です。愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。
※弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。

一覧に戻る