blogブログ

その他

【マッチングアプリ】既婚男性が女性を妊娠させ殺害

2022/06/01

マッチングアプリの事件は何回か当ブログでご紹介してきましたが、またマッチングアプリがきっかけで痛ましい事件が起きてしまいました。

 

マッチングアプリがきっかけで女性が殺害される

2021年の10月に、兵庫県姫路市の無職の男(36)がマッチングアプリで知り合った当時34歳の女性を首を絞めて殺害し、女性の遺体を加西市内に埋めたとして殺人や死体遺棄などの罪に問われた男の裁判が2022年5月30日に行われ、男は「私がすべてやりました」と起訴内容を認めました。

男は女性とマッチングアプリで知り合い、男性は自分に妻子がいることを女性に伝えないまま交際していた上に、女性が妊娠して結婚や出産を求めてきたことを煩わしく思い、殺害し遺棄したとされています。

 

 

既婚者も利用しているマッチングアプリ

マッチングアプリに登録するときに既婚か否かを精査することがないため、既婚者でも利用できてしまうのがマッチングアプリの恐ろしいところです。

既婚者がマッチングアプリに登録する理由は「気軽に女性と出会いたい」からです。 マッチングアプリ上の出会いは身分を明かさずに気軽に異性と出会えることをいいことに、他の女性と出会いを求めている既婚者が登録してしまいます。

また「アプリの女性に飽きたらブロックすればいい」という安易な気持ちでマッチングアプリを利用している既婚者もいるようです。

交際相手を求めてマッチングアプリを利用している人からすれば、このような既婚者は有害でしかありません。

 

 

独身証明書が必要な結婚相談所

マッチングアプリとは違い、結婚相談所を利用するためには独身証明書の提出が義務付けられているため、今回の事件のように「知り合った相手が既婚者」ということが絶対にありません。

今回の事件で殺害されてしまった女性が、もし結婚相談所を利用していたら、このような事にはなっていなかったのではないでしょうか。

事件に巻き込まれてからでは遅いので、「明日は我が身」という言葉があるように、現在マッチングアプリを利用している方は、一度自分の婚活が正しいのか考えた方がいいと思います。

 

 
いつもブログをご閲覧いただきありがとうございます。
愛知県豊田市の出張型結婚相談所エターナルは業界第1位の会員数を誇るIBJ正規加盟店です。
出張対象は豊田市・岡崎市などの三河地方を中心に名古屋市など愛知県が対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。
※弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。

一覧に戻る