blogブログ

恋愛・婚活

プロフィールに書かない方がいいこと3選

2022/04/01

 
結婚相談所に登録するときに作成するプロフィールは、今後の活動において非常に大事な要素なので異性に好印象を持たれるようなプロフィールでありたいものですが、中には書かなくてもいいプロフィールを書いてしまっているために、お見合いが承諾されにくいなどの弊害が発生していることも少なくありません。せっかくプロフィールを異性に見てもらうのであれば好印象のプロフィールにしたいものです。そこで今回はプロフィールに書かない方がいいことを3つご紹介します。

 

1、実年齢よりも若く見られます

これを書いている人は40代以上の人が大半を占めています。このような事が書いてあるプロフィールを見た異性は「お世辞を真に受ける人」という印象を抱き、この事が書いてあるプロフィールの人からお見合いの申し込みが来ても断ることが多くなります。

実年齢よりも若く見られる人は確かにいますが、それはあくまで相手が判断することであり自分が発信することではありません。

 

 

2、多額の貯蓄額アピール

貯蓄額をアピールしている人はそれなりの金額を書いていることが多いです。これを書いている本人はアピールポイントとして書いていると思いますが、これを見た相手は「その分、かなりの倹約家(悪く言えばケチ)」という印象を持つ人も少なくありません。

ケチな人と結婚したいと思う人はほとんどいないことを踏まえると、ケチと誤解される多額の貯蓄額アピールはしない方がいいのは言うまでもありません。

 

 

3、性格が「天然」

天然から連想されるのが「癒やしを与えられる」など、どちらかと言うとポジティブな心理なので、それを狙ってなのか自分の性格を天然と書いている人をたまに見かけます。

そもそも、本当にの天然の人は自分が天然と思っていないので、自分から性格が天然と発信することはなく、上記の1と同様で相手が判断することであり自分から発信するものではありません。

 

 

まとめ

上記のことをプロフィールに書くと相手に誤解される可能性があるので、心当たりのある方はプロフィールを一部変更することをおすすめします。

 

 
いつもブログをご閲覧いただきありがとうございます。
愛知県豊田市の出張型結婚相談所エターナルは会員数業界第1位のIBJ正規加盟店です。
出張対象は豊田市・岡崎市などの三河地方を中心に名古屋市など愛知県全域が対象です。
愛知県内の方はお気軽にお問い合わせください。
※弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。

一覧に戻る