blogブログ

恋愛・婚活

【マネートラブル】破局したらデート代は請求できるのか問題

2021/11/28

男性と女性の問題でお金の問題はつきものです。その代表的なものが「デート代はどっちが支払うのか問題」です。

最近はデート代の支払いは割り勘が増えていますが「デートの費用は男性が100%支払う」というような、どちらかだけに金銭的な負担があり続ける昔ながらの関係性もまだまだ多いのが現状です。

この場合、別れ話になった時に男性から女性にデート代を請求することも少なくないようです。

 

法律上、デート代に返却義務はない  

法律上、デート代やプレゼントは贈与にあたるので、特別な約束をしていない限り、受け取った側に返済義務はないそうです。プレゼントを貰った後に売ろうが捨てようが自由ということです。

とはいえ、このようなトラブルは起こっても良いことは何ひとつもありません。

 

 

このようなトラブルの回避方法は『ギブアンドテイク』  

お互いにデート代を支払ったり支払ってもらったりといった『ギブアンドテイク』の関係性はトラブルにはなりにくくなります。

支払いに関して、完全に割り勘でなくても「前回は支払ってもらったから今回は払うね」といった関係性であれば、健全で公平な関係性と言え、残念ながら別れることになってもお互いがデート代を支払っているのでマネートラブルにはなりにくい関係性です。

交際中の方はギブアンドテイクを忘れずに良好な関係性を維持していきたいものです。

 

 

ブログをご閲覧いただきありがとうございました。

愛知県豊田市の出張型結婚相談所エターナルは会員数73,000人以上のIBJ正規加盟店です。
出張対象は豊田市・岡崎市などの三河地方を中心に名古屋市など愛知県全域が対象です。
愛知県内の方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

※弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。

一覧に戻る