blogブログ

恋愛・婚活

【月曜から夜ふかし】一般男性の『焼きそば離婚』で物議

2021/10/06

先日の10月4日㈪深夜放送の日本テレビ系のテレビ番組『月曜から夜ふかし』で、一般男性が語った離婚理由「焼きそば離婚」に視聴者が疑問の声を上げる一幕があったそうです(参照)。

ある男性が番組スタッフから「結婚において食事は大事ですか?」という質問をしたことから、この男性は前の奥さんと離婚した理由を語り始めました。

 

この男性が語った衝撃の『焼きそば離婚』とは

この男性は結婚において食事は大事と語った後で、前の奥さんと離婚した理由を「夕食に焼きそばだけ出てきたから」と言ったそうです。

その理由を詳しく語り始めた男性は「焼きそばがダメなんじゃなくて、焼きそばだけがダメなの。結構ね、お父さん連中で酒飲みは響くよ。『わかる』って」と語ったそうです。

男性はこの後も語り「だって、焼きそばだけ出されて2時間どうするの。いける? 焼きそばだけでビールで2時間何杯かって。ピーマン1つずつとかさ、人参1本だけで、酒飲むのって感じでしょ」と説明したそうです。

番組スタッフは「でも、奥さんもやっぱりね…」とやんわり反論したが、この男性は「極論を言うと、焼きそばを大量に作って、次の朝に残りが出てくるんだよ。ふざけんなって話じゃない? 焼きそば離婚!」と、焼きそばを巡って離婚したことを明かしたそうです。

ちなみに私も夜にお酒を飲むことはありますが、この男性の意見には一ミリも共感できませんでした。

 

 

カウンセラーが『焼きそば離婚』を考察

この男性の意見に対して視聴者から疑問の声が上がったそうですが、それも無理はありません。

男性が婚活で掲げる条件のひとつに「料理が上手な人」という人がたまにいますが、このような男性を女性が見た時「料理をさせられそう」というネガティブなイメージをする人も多いのではないでしょうか。

男性の中には夕食に焼きそばが出てくることに抵抗を感じる人もいるようですが、焼きそばに不満があれば男性が自分の食べたいものを作れば済むという至極簡単な話です。当たり前ですが、料理は男性がしてもいいわけです。

今は男性も普通に料理をする時代なので、料理が苦手な男性でも、せめてお酒のおつまみ程度の料理はできるようになった方がいいでしょう。

 

 
ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。

愛知県豊田市の出張型結婚相談所エターナルは会員数72,000人以上のIBJ正規加盟店です。
出張対象は豊田市だけでなく名古屋市・岡崎市など愛知県全域が対象です。
愛知県内の方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

一覧に戻る