blogブログ

恋愛・婚活

これから給料が下がる仕事3選【高年収のアレ】

2021/09/30

婚活において相手の収入を重要視している人は多いと思います。実際に相手に求める条件で「年収○○○円以上」という条件を掲げている人は結婚相談所でも少なくありません。しかし、今は高収入の人でもこの先ずっと高収入が約束されている訳ではありません。高収入の相手を条件にするのであれば将来収入が下がる仕事は避けたいところです。そこで仕事の内容によっては将来収入が下がる可能性がある仕事をご紹介します。

週刊現代に掲載された【これから給料が「下がる仕事」「上がる仕事」全210職種を公開】から給料が下がる仕事として挙がった上位の仕事の中から2つ(参照)と昨年給与カットがニュースになった職種1つをご紹介します。

 

税理士

税理士は高収入で有名な仕事のひとつですが、将来性には疑問が残るようです。今の時点で会計ソフトが存在していることからも、この仕事は会計ソフトで事足りてしまう可能性が高いことということになります。

税理士の仕事は今すぐにすべてがAI化されないにしても、少しずつAI化が進み、税理士の需要は少なくなるかもしれません。

 

 

建築関係

建物の建築で欠かせない建築関係の仕事も将来が危ういとされているようです。

皆さんもご存知の通り、今は少子高齢化で、少しづつですが人口が減っています。古い建物のメンテナンスはあるかもしれませんが、新しい建物の建築は増える見込みが少ないとされています。

実際、今の時点でも地域によっては空き家問題が発生しているわけですから、将来性を考えると厳しいのかもしれません。

 

 

公務員

2020年11月のニュースで、コロナ禍を加味して神奈川県海老名市は来年度1年間、全常勤職員約890人の給与をカットする方針を決めたとの報道がありました。

しかも、別のニュースとは別に市役所の仕事は将来AI化される可能性が示唆されています。市役所の仕事は定型業務が多いので、多くの部分はAIに取って代わられる、というものです。

昔は住民票は市役所や市役所の出張所窓口でしか取得できませんでしたが、今はコンビニで取得できることからも大部分の市役所の業務が将来AI化される可能性が少ないないことは容易に想像できます。

 

ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。

愛知県豊田市の出張型結婚相談所エターナルは会員数72,000人以上のIBJ正規加盟店です。
出張対象は豊田市だけでなく名古屋市・岡崎市など愛知県全域が対象です。
愛知県内の方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

  • 一覧に戻る