blogブログ

人間関係

顔は好みなのに・・・話したら残念すぎる人の特徴3選

2021/09/22

皆さんは「イケメンや美人なのに話をしてみるといまいちだった」という経験は一度はあると思います。当の本人は何がいまいちなのかわからない場合がほとんどで、容姿が良いだけに中身が伴っていない場合に起こりえる非常に勿体ない現象ですが、伴っていない中身が改善できるとしたら、改善しない理由はどこにもありません。そこで今回は話したら残念な人の特徴を3つご紹介します。

 

語彙力がない

大人になればいろんな言葉を覚えるので、それ相当の語彙力は身に着くはずですが、語彙力のない人は言葉の種類が少ないので同じようなことしか言えないので幼稚に見えがちです。

語彙力は本を読むことで上がりやすいので、語彙力に自信のない人は新しい趣味として読書をしてみるのもいいと思います。

 

会話のキャッチボールができない

会話は相手がわかるように話すことが基本中の基本ですが、会話のキャッチボールができない人は容姿が良くても残念な人認定されます。

例えば、会話の中に5W1Hがない話は相手に伝わることはありません。自分がわかっていれば相手もわかっているという勘違いをしている人もいますが、相手が心を読める超能力者でない限り5W1Hがない話の詳細までわかることは絶対にありません。

他にも、自分が話したいことだけ話す人がいます。しかし、自分が話したいこと=相手が話したいことではありませんので要注意です。話したいことがあっても自制心で時には気持ちを抑えることが必要です。

 

話題に品がない

話せば噂や愚痴ばかりと言った品のない話は相手からすれば聞かされていいものではありません。噂や愚痴でも、会話の相手が全く知らないことの噂や愚痴を言って来る人がいますが、これはもう最悪で手に負えません。

愚痴や噂話は話している人の自己満足でしかないため、このような話が多い人からは人が離れていく傾向が高いといえます。

 

まとめ

会話は相手あってのこと。自分のことばかり優先して話すのではなく、流れに沿った質問や話題で会話をすることが重要です。

 

ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。

愛知県豊田市の出張型結婚相談所エターナルは会員数72,000人以上のIBJ正規加盟店です。
出張対象は豊田市だけでなく名古屋市・岡崎市など愛知県全域が対象です。
愛知県内の方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

一覧に戻る