blogブログ

人間関係

自ら恋愛を終わらせる「恋愛クラッシャー」の特徴3選

2021/08/24

せっかく素敵な相手と恋人同士になることが出来ても、無意識に自分から恋愛関係を壊す「恋愛クラッシャー」がいます。自分から恋愛を壊してしまう人は一体どんな人なのでしょうか。そこで今回は恋愛クラッシャーの特徴を紹介します。

WebサイトAll Abontに掲載されている「恋愛クラッシャーな人ができていない3つのこと」から2つと私が考える恋愛クラッシャーの特徴、合計3つの特徴をご紹介します。

 

1、恋人を信じない

恋人を信じていない人は恋愛クラッシャーの可能性がかなり高いです。

たとえば、束縛が激しい人は恋人を信じられない考え方から来ている可能性が非常に高く、そんな人との恋愛はいずれ破綻するのが目に見えています。

束縛する人はメンタルが弱いとも言われているので、メンタルが弱い相手も恋愛クラッシャーの可能性を秘めているといえます。

 

 

2、恋人に伝える力が不足している

恋人とコミュニケーションを取るときに相手に伝える力が不足している人は要注意です。

たとえば、女性で「察してよ!」という人がいます。察してという発言が出る時点で相手には伝わっていないことが確定しているのに加えて、男性は察することが女性よりも苦手なので、そんな男性にわかるくらい伝える力が女性に必要だったということになります。

 

 

3、ギブアンドテイクの精神が皆無

人間関係の基本中の基本であるギブアンドテイクは当然恋愛にも必要になります。

たとえば、同棲しているカップルの女性が家事を担当しているとします。同棲している男性にギブアンドテイクの精神があれば、女性が家事をしてもらってばかりでは悪いので家賃を負担したり、家事の中でも食後の食器洗いは担当したりと、家事をしてくれている女性に対して何らかの「お返し」をすることで関係が保たれます。

しかし、この考えがない男性は女性が家事を担当していることに対して何もしないことが多く、何もしない男性に対して女性は不満を募らせて関係が気まずくなるのは火を見るよりも明らかです。

 

まとめ

恋人のことを大切に考えること上記のことは起こりにくくなると思います。せっかく恋愛まで発展した相手を上記のことが原因で別れてしまうのは非常にもったいない話です。恋愛を壊しがちな方は参考にしていただき、このような事が無いように気を付けましょう。

 

ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。

愛知県豊田市の出張型結婚相談所エターナルは会員数70,000人以上のIBJ正規加盟店です。
出張対象は豊田市だけでなく名古屋市・岡崎市など愛知県全域が対象です。
愛知県内の方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

※弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。

一覧に戻る