blogブログ

恋愛・婚活

【致命的】結婚相談所を利用検討中の人がやりがちなNG行動

2021/01/10

ありがたいことにここ最近当相談所にお問い合わせが増えています。最初から入会を決めて面談する方や複数の結婚商談所で話を聞いてから決めるといった方から様々ですが、結婚商談所で話を聞いてから決める方がやりがちなNG行為があり、このNG行為は婚活においてその人自身の首を絞める行為になりかねません。せっかく結婚相談所を利用するのであれば素敵なパートナーと出会う確率を少しでも増やしたいものです。そこで今回はそのNG行為の詳細をご紹介します。

複数の結婚相談所で話を聞く人がやりがちなNG行為、それは入会の有無を連絡しないことです。

例えば、日本結婚相談所連盟に加盟している結婚相談所3社に話を聞いたAさんがいるとします。Aさんは3社の話を聞きいた後で入会の有無のご連絡をすることになっていましたが、その中の1社に入会することになり、入会しなかった2社には連絡をしませんでした。当の本人は入会しない結婚相談所に連絡しにくかったり、断りの連絡が面倒だったりして連絡を怠ったと思いますが、この行為は後々に自分で自分の首を絞めることになりかねません。

実は日本結婚相談所連盟では、日本結婚相談所連盟に入会した人の一覧が見れるようになっています。少し言葉が悪いですが、つまり、他の結婚相談所に入会したことが連絡しなかった2社にほぼ間違いなくバレます。

もし、Aさんが連絡をしなかった2社の会員さんにお見合いを申し込んだとします。そうすると連絡をしなかった結婚相談所にお見合い申し込みの情報が必ず行きます。この時に結婚相談所の人が連絡をしてこなかったAさんに対して悪い印象を抱いたとしたら、お見合いの申し込みが結婚相談所の人によって不成立になる可能性があります。Aさんにはお見合い申し込みの相手がどこの結婚相談所に所属しているのか知る手段はないので、この事態を回避する方法がありません。

つまり、Aさんは連絡をしなかった2社に連絡を怠ったせいで自分のお見合いのチャンスが不意になり、自分で自分の首を絞めた結果となるわけです。

結婚相談所の間で観覧できる掲示板があるのですが、その掲示板に会員様の情報を書き込むこともあります。もし、連絡しなかった結婚相談所がその掲示板に要注意人物としてAさんの詳細を掲示板に投稿したとしたら、Aさんの婚活が上手くいく確率は激的に下がってしまうのは火を見るより明らかです。

複数の結婚相談所に話を聞いてみる方は多いものですが、面談後は入会の有無に関わらず必ず連絡するようにしてください。

 

ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。

エターナル出張型結婚相談所です。
名古屋市・豊田市・岡崎市など、愛知県全域が出張対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認をしておりますが、その真偽を確定するものではありません。