blogブログ

恋愛・婚活

【致命的】婚活で大苦戦必須の性格3選

2021/01/06

去年の5月以降お問い合わせが増えており、いろんな方とお話しする機会があった2020年でしたが、中には失礼ながら明らかに婚活で苦戦しそうな特徴を持った方もいらっしゃいました。婚活するのであればこのような性格は改善する必要がありますが、自分のことを客観的に見ることは難しいのが現状です。そこで今回は婚活で苦戦必須の性格3選をご紹介します。
 

配慮が足りない

当相談所は出張型で、私がカフェなどに出向いて面談します。ほとんどの方は特に問題ないのですが、元々決まっていた面談場所のドリンクがメインのカフェを人目が気になるからという理由で個室的な席がある食事メインのカフェを提案されたことがあります。面談では話がメインなのでコーヒーなどのドリンクがメインのお店を利用することがほとんどですが、この時に指定された店は食事メインのカフェで、しかも席の予約までされていました。この予約が大問題で、頼んでもドリンクだけの面談において食事メインのお店を予約してしまうお店に対する配慮の足りない感じは大人としていかがなものでしょうか。

 

相手の都合より自分の都合

当相談所は現在、新規入会の出張面談は土曜日と日曜日のみ対応しています。もちろんこのことはホームページのお問い合わせフォームに記載されています。お問い合わせいただくほとんどの方は記載通りの日程を提示されますが、中には平日を提示してくる方もいます。記載を読み飛ばして平日を提示してくる方はまだいいのですが、あえて平日を提示してくる方が問題で、相手の都合よりも自分の都合を優先している訳です。婚活において相手の都合に合わせることが必要になることは多々あるわけですが、この人のような自分優先では婚活が上手くいく可能性は限りなく低くなってしまいます。

 

声が小さい、聞き取りにくい 

以前「声の大きい人が苦手です。」という女性がいました。今はコロナ禍の影響で会話中でもマスクをしながら会話を強いられている状態で、声が大きい人が苦手といってマスクをしたままの会話でも声が小さいと余計に聞き取りにくいのは至極当然です。この女性は余程声が大きい人が苦手なようで、女性自身の声も小さくしているのに加え、マスク越しの声ということもあり、この女性の声の4割は聞き取れませんでした。手話や筆談といった手段で意思疎通しているのであればいいのですが、そういう場合以外では喋っていることが聞き取れないのはコミュニケーションでは致命的です。
 

いかがでしたでしょうか。これらは実際に私が面談した方のほんの一例です。この人達はいずれも入会まで至っていない方ですが、この人たちの詳細を振り返ってみると、これらの特徴を改善しないまま入会したとしても苦戦必須ではないでしょうか。

もし、これらに該当している点があった時は直ちに改善することを強くおすすめします。

 

ブログを閲覧していただき、ありがとうございました。

エターナル出張型結婚相談所です。
名古屋市・豊田市・岡崎市など、愛知県全域が出張対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら