blogブログ

人間関係

【デリカシーって一体⁈】初対面でいきなりアレを聞く人

2020/09/13

私が以前からデリカシーのない行為ベスト3に入ると個人的に思っている初対面で突然アレを聞く人に関する私なりの考察を書きたいと思います。

インターネット検索で「初対面 年齢」と検索すると、一番上に「初対面で年齢を聞くのは失礼」と出てくるほどの失礼な行為にも関わらず、最近私の周りでこの行為をする人が驚くほど目立ちます。

特に女性に対していきなり年齢を聞くのは世界的に見ても失礼という風潮がある中で、聞いている本人は話題のひとつとして聞いているのか知りませんが、女性が答えにくそうにしている姿を見るのは傍から見ていて良いものではありません。

百歩譲って年齢を聞くのは話題の一環とした場合、まずは自分の年齢を示してから相手の年齢を聞くのであればまだわかりますが、自分の年齢すら言わずに相手にだけ年齢を聞く人が多いように思います。しかも年齢を聞いておいて、聞いた年齢から話を広げることもなく話題が変えている人が多いように見受けられます。

私が以前体験した例を挙げると、初対面の自己紹介の時に私の名前だけ聞いておきながら自分の名前は名乗らないというかなり失礼な某大手自動車メーカーの正社員の女性がいましたが、人に年齢を聞いておきながら自分の年齢を言わないのはそれと同じくらい失礼ではないでしょうか。

この話をすると「言葉遣い(敬語、ため口)の基準として聞く」という人がいますが、相手の年齢によって言葉を使い分けて話さなければいけないということはありません。敬語がデフォルトの私から言わせてもらうと、それは完全な言い訳です。仲が良くなってため口を話すのは良いことかもしれませんが、初対面なのに年下という理由だけでため口というのは学生気分が抜けていないと言わざる終えません。

いい歳をした大人が初対面で年齢を聞いてしまう考え方の時点でその程度の人というレッテルが張られても仕方ないと思います。

 

エターナル出張型結婚相談所です。
料金形態が新しくなり、さらにお値打ちになりました。
名古屋市・豊田市・岡崎市など、愛知県全域が出張対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。
弊社のブログ内容に関して、参考資料を元に確認しておりますが、その真偽を確定するものではありません。

一覧に戻る