blogブログ

恋愛・婚活

【もはや時代遅れ⁈】奢ってもらって当然という女性

2020/07/30

「男性はデート代を奢るのが当然」と思っている女性は少数派だと思いますので、今回のブログはほとんどの女性には関係ない内容となります。

今回はデート代は奢ってもらって当然という考えの女性に読んでもらいたい内容です。
 

結論から申し上げると、男性が女性に奢って当然という時代はとっくの昔に終わっているということです。

今から30年以上前のバブル時代では、今では絶滅危惧種の亭主関白は普通にあり、「女性は男性より三歩下がって歩く」などといった「女性は男性を立てる」ものという考えが満盈していたのに加え、景気も良く男性の懐も温かかった時代で男性が女性に奢るのが当然でした。こんな時代ですから、奢ってもらう側の「どれくらい奢ってもらえたか」というような相手の好意を図る指標はあっても不思議ではありませんでした。

しかし今は令和2年。バブルはとっくの昔にはじけ飛び、「亭主関白」「女性が男性を立てる」のは過去のものとなり、今の時代は昔とは違って男女平等の時代です。男女平等なのに男性ばかり奢らないといけないことに不満を感じている男性もいると思います。奢ることに抵抗がない男性であれば全く問題ありませんが、今はそのような男性も昔に比べると減っているように思います。事実「草食系男子」という言葉がそれを主張しているのではないでしょうか。
 

もう一度書きますが今は男女平等です。

はたして「男性は女性に奢って当然」という考えは男女平等と言えますか?
もう一度よく考えてみてください。
 

エターナルの料金形態が新しくなり、さらにお値打ちになりました。
豊田市・岡崎市などの三河地方や名古屋市など、愛知県全域が出張対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。