blogブログ

その他

複数の連盟に加盟している結婚相談所は会員数も多い→実はそうでもない件

2020/06/21

自粛期間中にパートナーが欲しいと思う方が増えたようで、緊急事態宣言が解除された後からありがたいことにお問い合わせが増えています。結婚相談所を利用するにあたり、どの連盟に加盟しているかが重要になってきます。

私共は日本結婚相談所連盟【業界1位の会員数(2019年1月 日本マーケティング調べ)】に加盟していますが、他の結婚相談所は複数の連盟に加盟しているところも少なくありません。

一見いろんな連盟に加盟している結婚相談所はそれだけ選べる会員数が多いと思いがちですが、そう思って入会すると痛い目を見る可能性があります。そこで今回は複数の連盟に加盟している結婚相談所の会員数のからくりについてご説明いたします。

例えば連盟Aと連盟Bに加盟している結婚相談所Sに入会したRさんとNがいたと仮定します。
RさんとNさんは結婚相談所Sを利用すると連盟AとBは同じ人が入会することになります。入会後、仮に連盟Aが会員3人で連盟Bが4人とした場合、連盟Aの会員3人中2人、連盟Bの会員3人中2人がRさんとNさんになります。つまり、連盟Aと連盟B合わせて7人のはずが2人ダブっているので連盟Aと連盟B合わせて実質5人しかいないということになります。

これが問題で、同じ人が複数の連盟に入会してしまうと上記のようなことが起こってしまいます。連盟Aと連盟Bで検索すると同じ人が出てくるわけです。
全員がダブっているとは思いませんが、複数の連盟に加盟している結婚相談所は意外に多く、ダブって登録している人が結構な人数いるのはほぼ間違いなないので、これでは複数の連盟に加盟している意味がありません。

私も結婚相談所を始める時に複数の連盟に加盟していた方がその分会員数が増えていいのではないかと思っていましたが、フタを開けてみると複数連盟=全員別人ではないということを知り、最大手である日本結婚相談所連盟だけ加盟しました。

結婚相談所のご利用をお考えの方はご注意ください。
 

エターナルは出張型結婚相談所です。
豊田市・岡崎市などの三河地方や名古屋市など、愛知県全域が対象です。
料金形態を新しくなり、さらにお値打ちになりました。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。