blogブログ

その他

【婚活から学ぶ】車は走行距離10万㎞限界説は本当?問題

2020/06/14

婚活において思い込みは非常に危険です。例えば気になる相手にLINEで連絡したにもかかわらず、既読にならないとか既読になっても返信がない時があると思います。LINEやメールは電波状況によっては着信が遅れることがあったり、あとで返信するつもりだったりと、そういったケースを頭に入れて考えたりするものですが、思い込みが激しい人はすぐ「嫌われてしまったのではないか」とか「他に好きな人が出来たのではないか」などと考えてしまい、必要に返事を急かしたり変な質問をしてしまいがちです。そうしてしまうと相手の好感度は下がることはあっても上がることはまずありません。

というように思い込み過ぎると色々と問題があるわけですが、これは自動車にも当てはまると個人的に思います。

「自動車は10万キロで寿命なので買い替えなければならない」と車を所有している人であれば一度は聞いたことがあると思います。私も実際に自動車販売店の店員さんから直接10万キロの件を聞きました。確か「車は走行距離が10万キロを超えると、車の足回りがボロボロになるから買い替えなきゃ!」みたいなことを言っていました。自動車販売店の人が言うのであれば信憑性が高いと思いがちです。一般的な自家用車の走行距離の限界は有名ですが、同じ自動車であるタクシーの限界はどれくらいなのかはあまり知られていません。

そこで、タクシーの走行距離の寿命を調べてみると、タクシーが役目を終える走行距離が平均で40万キロと言われているそうです(参照)。他で調べてもタクシーの走行距離の限界が30~50万キロと記載されていますので信憑性は高いと思います。

個人タクシーは3ヶ月点検で車検が1年とはいえ、毎日長時間走行して車体を酷使しているタクシーが40万キロに対し、タクシーに比べればそこまで動いていない自家用車が10万キロでは無理があります。

維持するにあたりノーメンテナンスという訳にはいかないと思いますが、こまめなオイル交換など、それ相当のメンテナンスを行えばタクシー程とはいかないまでも、長く乗り続けられるのではないでしょうか。私は実際に某有名メーカーの自家用車が走行距離20万キロオーバーや38万キロで元気よく動いているのを見たことあります。

このようにいろんな視点から考察することで真相が見えてくることがありますので、思い込みには注意して下さい。

 

エターナルは出張型結婚相談所です。
料金形態を新しくなり、さらにお値打ちになりました。
豊田市・岡崎市などの三河地方や名古屋市など、愛知県全域が対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る