blogブログ

その他

新型コロナ感染者VS交通事故 日本で数が多いのはどっち?

2020/05/30

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されたことで少し落ち着きを取り戻しつつありますが、新型コロナウイルスの影響は大きかったのはみなさんもご存知の通り。新型コロナウイルス感染予防で自粛が促されていたわけですが、新型コロナが自粛をしなければいけないほどの脅威なのかを交通事故の件数と比較してみたいと思います。

新型コロナが騒がれ始めた3月~4月の期間で比較してみたいと思います。

 

2020年3月~4月
交通事故発生件数
参照
合計 48,568件

 

2020年3月~4月
新型コロナウイルス感染者数
参照
合計 14,042件

 

数字だけ並べてみると新型コロナウイルスの感染者よりも交通事故発生件数は約3.5倍も多いという結果になりました。ちなみに、交通事故の4月の件数は自粛の影響なのか3月に比べると事故発生件数が先月の75%と減っている件数です。

交通事故は毎日どこかで発生していますが、だからといって「自動車に乗ることは自粛してください」などという自粛要請が出たことがありません。新型コロナウイルスが発生したことで自粛を促されたということは、てっきり交通事故の発生件数よりも新型コロナウイルスの感染者は比較にならないくらい多いと思っていましたが、調べてみると全くそんなことはありませんでした。

しかし、数字だけでみると新型コロナウイルスの3.5倍も交通事故の件数が多いということになっていますが、これは日本の数字であり、アメリカやイギリスなのでは日本とは比較にならないくらい新型コロナウイルスが猛威を振るっています。これを書いている今日5月27日時点では新規感染者は横ばいですが、それでも日本とは比較になりません。新型コロナウイルスがアメリカで猛威を振るっている理由と日本がそうでもない理由がまだわかっていないため、日本がアメリカのような感染者数になる可能性はゼロではく、今後も油断は禁物です。手洗いなどの感染予防を忘れないようにしましょう。

エターナルは出張型結婚相談所です。
豊田市・岡崎市・名古屋市など愛知県全域が対象です。
愛知県内で婚活中の方はお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る